はじめまして。Marikoと申します。

はじめまして。

Paris-Mari Blog をご覧いただき、ありがとうございます!
筆者のMarikoと申します。

現在、パリで主に日本文化やアートについての教鞭を取りながら、絵を描いている、29歳の日本人です👩🏻✨

華やかで美しいイメージのパリですが、実際に生活してみると、そんな一般的なイメージとはまた違った、おもしろいことがたくさん見えてきます😳🎶✨

そういった一片一片を少しでも多くの方に知っていただきたいと思い、このブログを始めることにしました📝。

はじめましてと言うことで、ここで簡単な私の経歴をご紹介したいと思います😌

部分部分の詳細については、機会を見て、また追って書いていきます✏️✨

私は神戸で生まれ育ちました🐋。

小さい頃からずっと絵を筆頭にアート全般が好きで、同時にアートと人との関わりについて考えながら、生きてきました。

高校時代に目にしたフランス文化の写真や本の影響で、アートの息づかいが聴こえてくるフランスという国に興味を持ち始めます。

大学時代に数日間のパリ旅行とフランス東部・ブザンソンへの1ヶ月語学留学を経て、1年間南フランス・ニースへ交換留学。大学の専門は日本では発達科学部人間表現学科、ニースでは文学部アート科で、どちらでも、人間科学を踏まえた人間とアートの在り方について研究・実践した日々を送りました。

大学卒業後、まずは日本で働くことも考えましたが、そのまま渡仏することに。

まずは1年間ワーキングホリデーで、パリにて日本人シェフのケーキ屋さんで販売員を勤めながら、絵を描く日々🍰🎨🖌。

その後も、滞在許可証を取得し、フランスに残ることに🇫🇷。

現在、2014年より本格的に始めた教師の仕事をしながら、絵を描き続けています。

まだ日本ではあまり知られていない、フランスを中心とした世界のリアルな情報を、イラストや写真を踏まえながら、少しでも皆様に随時お伝えできたらと思います🌎✨

パリの生活、フランスの生活、世界の情勢…その中にある日本の姿。

日本にいては感じ取ることの出来ない、リアルな状況を、フランスや海外に興味が既にある方にも、ない方にも、少しでもより知っていただき、楽しんでいただきたいです。

The world is a book, and those who do not travel read only a page.  (St. Augustine.)

世界は1冊の本のようであり、世界を知らない者は、最初のページだけを読んで閉じてしまうようなものである。⚜️✨

Mariko 真理子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です